INTERMODE KAWABE ONLINE SHOP―ハンカチーフ・スカーフ・マフラー・バッグ・フレグランス―
サフィアのパリ便り
ラデュレパリ ブランドジェネラルマネージャーのサフィアです。
隔週木曜日、パリ便りをお届けします。

ラデュレのギフトライン
パリはどんな時でもパリ
Paris reste toujours Paris
2018.12.27
皆さんは今の状況をご覧になりながら、パリはどうなっているの ! と思われていることでしょう。
はい、我々フランス人はいつの時も社会に異議を申したて革命の精神を持っているのです。
これは私たちのアイデンティティの一部なのです。フランス革命、5月革命......すべての事件は我々の歴史にしっかりと痕跡をとどめました。
それでもやはりパリはパリであり続けるのです。この先も私はこの町以外で暮らすことを決して選ばないでしょう。

Je sais que malgré tout vous vous dites mais Paris alors !
Alors Paris nous les Français avons toujours une âme de contestataires et de révolutionnaires, cela fait partie de notre identité. La révolution , mai 68 …. Tous ces événements marquent notre histoire.
Malgré tout Paris reste toujours Paris et je peux vous dire que jamais je ne choisirai une autre ville pour vivre.
このような風に逆らってヨウコはいつもの如くヴァカンスを過ごすために私たちの町、パリへ数日間やって来たこともその証です。そして今回、日本人の視点を通した彼女の貴重なパリを紹介してもらいましょう。
その前に今年最後のブログを通して、カワベの素晴らしいスタッフの皆様へ感謝の気持ちをお伝えいたします。毎月、新しい出来事をお話する機会を与えて下さりありがとうございます。
皆様、素敵な一年の終わりをお過ごし下さい。そして素晴らしい新年をお迎えくださいね。新しい年の幕開けに再会できることを心から楽しみにしています。
パリのサフィアより

La preuve notre Yoko qui contre vent et marrée vient toujours passer ses quelques jours de vacances chez nous, d'ailleurs pour notre sujet s'est-elle qui se charge avec son regard de Japonaise de vous faire découvrir ses trésors.
J'en profite pour ce dernier échange de l'année de remercier toutes les équipes formidables de kawabe qui nous permette chaque mois de vous faire découvrir des nouvelles choses.
Je vous souhaite pour ma part une très belle fin d'année et je serai très heureuse de vous retrouver début janvier pour nous souhaiter à tous une belle année.
A bientôt
Safia de Paris
こんにちは、ヨウコです。お休みを過ごすのはフランスと決めていますので、パリが炎に包まれる最中にやっぱりここにやって来ました。それでもやはり美しかったパリの休日の一コマをご紹介いたします。
パリに到着する前はいつもサフィアに最新情報などアドヴァイスを聞くようにしています。サフィアはその人に合う素敵なアイデアをいつも的確に教えてくれます。今回はコニャック・ジェイ美術館とグラン・パレで開催中の展覧会を勧めてくれました。
18世紀パリの芸術とラグジュアリー分野の発展に寄与したメルシエ商会をテーマにした企画展は、マレにひっそり佇む美術館を宝石のように輝かせていました。
グラン・パレで開催中の「 魅惑のヴェネチア展 」ではヴィネツィアの絵画、オペラ、装飾美術、演劇、音楽……など文明開化の絶頂期だった18世紀のヴェネツィア芸術を堪能することができました。空間演出も見事で優雅な階段のある踊り場にドレスが宙を舞うように飾られていました。
バカラ美術館は内装が変わり、レストランもリニューアルした後まだ行くことができていませんでしたのでランチ、作品鑑賞そしてブティックまでゆっくり楽しむことができました。ノエルの装飾に包まれたこの美術館は一年で一番輝いていたのではないでしょうか。
パリに来ると必ず行くお店やティータイムを楽しむサロンがあります。今回は新たに刺繍のアトリエ訪問も加わりました。
手先が器用ではないので刺繍などの手芸は苦手ですが、鑑賞したり集めるのは大好きです。
ル・ムーリスのセドリック・グロレのパティスリーやパリ最古のお菓子屋さんへ立ち寄ることも忘れずに。
ホテルの窓を開けると首相官邸のお庭が広がっています。パリはいつの時もパリ。
そして美は人を幸福にすることを実感できた数日間でした。
皆様も麗しいパリへお出かけくださいね。