INTERMODE KAWABE ONLINE SHOP―ハンカチーフ・スカーフ・マフラー・バッグ・フレグランス―
サフィアのパリ便り
ラデュレパリ ブランドジェネラルマネージャーのサフィアです。
隔週木曜日、パリ便りをお届けします。

ラデュレのギフトライン
シャンボール城 ロワールでとりわけ素晴らしい
お城のひとつへ
Un petit tour à Chambord, un dès magnifique Château de la Loire



2018.6.21
メルヴェイユーズチームの皆様のパリ出張の機会に、シャンボール城へお連れいたしました。
シャンボール城は目を見張る建築と広々とした美しいフランス式庭園で興味を引くことは言うまでもありません。フランス式庭園と言えばもちろんルイ14世からの恩恵です。

Nous profitons de l’arrivée à Paris de l’équipe des Merveilleuses pour partir à la découverte de Chambord.
Pour commencer sachez que l’intérêt de Chambord est essentiélement est surtout son architecture spectaculaire et son somptueux jardin à la Française. Jardin qui lui verra le jour bien sûr grâce à Louis XIV.
しかしながらこの城で家具、調度品などの素晴らしいコレクションを求めてしまうとがっかりなさるでしょう。
ここは壮大で堂々とした外観や内観の建築が見事なのです。これだけで充分に見ごたえがあるのです。

Mais il ne faut pas aller à chambord pour découvrir de sublimes collection de mobilier ou autre, vous seriez déçu.
Ici ce qui est magistral c’est l’architecture intérieure et extérieure et c ‘est déjà beaucoup.
この城は1519年にフランソワ1世によって建設されました。残念ながらこの国王はここにゆっくり滞在する時間はなかったのですが。
シャンボール城の改修工事はルイ14世の治世の間に終わりを迎えます。

Un peu d’histoire, construit en 1519 à la demande de François 1 er , lieu où il ne passe que peu de temps .
Les travaux prirent fin à Chambord que sous le règne de Louis XIV.
ルネサンスの象徴的な建築ですが、ここでとりわけ名高いのが階段です。同じ軸を中心に2つの階段が組まれています。テラスに続くこの2つの螺旋階段はレオナルド・ダ・ヴィンチから構想のインスピレーションを得たと言われています。
その後、ルイ15世の時代にはポーランド王やモーリス・ド・サックスが滞在しました。

Chambord est l’emblème de l’architecture de la renaissance.
Sa particularité et son trésor est son escalier conçu autour d’un axe central à double révolution totalement inspiré par Léonard de Vinci , véritable spirale qui conduit vers les terrasses.
C’est sous Louis XV que l’intérieur fut terminé pour y recevoir le Roi de Pologne et le Maréchal de Saxe.
フランスの他の多くの城同様にフランス革命時に調度品などは略奪されますが、幸いにも城は残されました。この美しい城を前に、破壊する勇気には至らなかったのでしょう。
その後、長い間放置されていましたが、ナポレオン・ボナパルトは少しの輝きを取り戻すことに貢献してくれたことへのお礼としてフランス帝国元帥ベルティエにこの城を贈りました。城はその後、ボルドー公爵、シャンボール伯、ブルボン=パルマ家のパルマ公爵のものとなってゆきました。現在はフランス政府の資産になっています。
このようにシャンボールは我が国の歴史の証人だったのです。
間違いなく訪れる価値がある場所をぜひお楽しみください !


Le chateau comme de nombreux en France sera pillé à la révolution mais heureusement les Révolutionnaires ne l’ont pas détruit certainement
parce que face à une telle beauté ils ont manqué de courage. Mais il a été de longue années à l’abandon il faudra attendre que Napoléon l’offre au Maréchal Berthier en remerciement pour ses services pour que Chambord reprenne un peu de sa splendeur. Puis ensuite c’est le Duc de Bordeaux, Comte de Chambord, puis aux princes de bourbon Parme et aujourd’hui à l’état Français qu’il appartient.
Chambord à était le témoin de toute l’histoire de notre pays.
Il mérite sans aucun doute un détour. Belle visite