INTERMODE KAWABE ONLINE SHOP―ハンカチーフ・スカーフ・マフラー・バッグ・フレグランス―
サフィアのパリ便り
ラデュレパリ ブランドジェネラルマネージャーのサフィアです。
隔週木曜日、パリ便りをお届けします。
サフィアのパリ便り
ラデュレについて
カテゴリー
新製品
ハンカチ
スカーフ
タオルハンカチ
バッグ
アクセサリー
ギフト
ご利用ガイド
ギフトラッピングについて
ショップリスト
サイトマップ
お問い合せ
お知らせ
インターモード川辺
La valise!!
旅の荷造り!
2012年11月1日

飛行機の旅に不可欠なもの!

私のように始終出張をしている人にとって、飛行機の機内はほとんどホテルの部屋のようなものです。
私はいつもエールフランス、しかも操作法を熟知している同じ座席を、必ず指定予約します。

しかしまずその前に、荷物を整えなくては。
私のスーツケースはすばらしいリモワ、4輪付きで、引っ張る先からひとりでに動いてくれるほどスムーズ・・・

黒い大きなリモワは、私がモード雑誌の編集をしていた時代の、思い出の品なのです! まず、旅行日程を紙に書き出し、その日のTPOに合わせて昼と夜の服装を決め、荷物のリストを作ります!
それから荷造りを始めます!

このリストは出張に持参し、ホテルに到着するとテープでクロゼットに貼付け、この通りに着替えれば日々の服装は完璧というふうにしています。
なぜなら時間を無駄にしたくないですし、だいいち出張中に時間の余裕はありません。バカンスではないのですから・・・

私はスーツケースの中に、必ずサンタ・マリア・ノヴェッラのポプリをしのばせています。こうしておけば旅行中も、私の洋服たちは自宅のクロゼットと同じ香りをまとうことになるわけです。
私の目覚まし時計は、特に美しくもありませんが、いつも使っているものですし、それに違った音で目覚めるのはストレスですよね。
そらから私のネコたちの写真と、エッセンシャルオイルのスプレーも。
エッセンシャルオイルは、ホテルの部屋の香りのためです。

薬のポーチは、決して、大きなスーツケースの中に入れません。必ず、機内に持ち込みます!
こうしておけば、ロストバゲージで全てがなくなってても、常備薬は必ず手もとにあるから。
私に持病はありませんが、喉を痛めるなど何らかの支障が出るのがいやなので、万が一に備えています。仕事に関する出張では、体調をくずすことなどあり得ません。

飛行機の機内で自分の席に着くと、まず着替えに行きます。
飛行時間が3時間を越える場合、必ず服を着替え、家にいるときのようにくつろげる服装をします。外出時の服装のままでいないこと・・・ これが私にとって唯一の、快適な空の旅のメソッドです。こうすれば、疲れて到着することを避けられます。
もしあなたが一度これを試されれば、きっともうこれ以外の方法で旅ができなくなるはず・・・

そして私が肌身離さない、機内持ち込み手荷物!
その内容は、こんな具合です:
ソニア・リキエルで購入した、パイルベロアの黒いジョギングパンツ、
カシミアの大きな黒いショール(機内のブランケットは、あまり好きではないので)、

コットン製のインターモード川辺のポーチ、
その中には、インターモード川辺の面白いシルクのアイマスク(心地よいベッドの上以外では、私は眠ることがないので、これは睡眠のためではありません。私の愛猫ヴォーグの顔と一緒に、目を休ませるため。メルシー、カワベ・・・)、

プチバトーの黒い長袖Tシャツ、
血行を良くする黒い靴下、そして日本で購入しているウールの黒いルームシューズ!
私は航空会社が親切に用意してくれる、グレーの不細工なスリッパを、どうしても好きになれません! これ以上に美しくないものは無いのでは・・・

つづいて、私のスキンケアポーチ!
日本製の疲れ目に効果的なマスク(素晴らしい商品、特にカモミールは最高)、
リッチなアイクリームの携帯用、リッチなフェイスクリームの携帯用、
小さな小さなびんに入ったローション、
SKIIのアイマスク。

レ・メルヴェイユーズのアイクリームは、飛行機を降りる直前に使うとまるで魔法のよう。
リップクリーム、
タイガーバーム、

日本製の痛み止めテープ。(サロンパス)
日本でラデュレのために働いているヨウコは、私が背中や頭が痛くなるとこれを愛用していることをよく知っています。
香りも大好き!
これを購入して、フランスの家族みんなに配っているのですよ。
必要に応じて首に巻けるように、インターモード川辺のシルクのスカーフも。
そしてもちろん、iPad! なぜなら飛行機の中では、私は決して眠らないから。機内の映画を全て見て、長旅の末に見つくしてしまった場合は、全てが入っている自分のiPadで映画を見ます!
反対に、飛行機の中で仕事をすることはありません。
なぜなら、飛行中の機内は、まるでカプセルのようにすばらしいから。現代のこの世の中で、電話でもメールでもsmsでも、誰一人としてあなたにコンタクトをとることのできない場所があるのですよ・・・ なんという幸せ。

こんな具合です。
それから決して、アルコールはとならいように。確かに飲みたい気持ちにはなりますが、シャンパンをほんの少しだけにしておきます。
標高の高いところでは、アルコールはあまりおすすめできないですね。
そのかわり、私は水やアールグレイの紅茶をたくさん飲みます。
もしアールグレイが機内に無い場合は、持参したティーバッグを使います。
これだけそろえば、あとは誰か優しい人、話しかけずにそっとしておいてくれる人が、隣に来ることを祈るだけ。
空の旅の間ずっといびきをかいたり、アルコールを飲み過ぎたりもしない人がいいですね!

良い空の旅を・・・