ニコライ・バーグマンの来歴

 ニコライ バーグマンと聞くと、あの、ボックスに入ったフラワーアレンジメントのことを思い出す方も多いのではないでしょうか。すでにフラワーデザインの世界で、第一人者として長く君臨しているバーグマン。果たしてどんな来歴の持ち主なのでしょうか。
 バーグマンはデンマークのコペンハーゲン生まれ。園芸植物の卸売をしていた父親の仕事の関係で、1999年、19歳のときに来日しました。当初はいち従業員として、日本の花屋さんで修行したといいます。週末にはブライダルサロンでフラワーデザインの修行に明け暮れました。こうした日本の生花の現場で、コツコツと働く丁寧な姿勢を学んだだけでなく、また、日本の伝統工芸や着物や屏風などからも、その微妙で繊細な色使いにインスピレーションを受け、ヨーロピアンスタイルの造形的なフォルムの美しさの中にニコライ バーグマン独自のフラワーデザインを確立していったのです。
 そして2001年、第一号店となるフラワーショップ「Nicolai Bergmann Flowers & Design」を有楽町にオープン。2010年には南青山の一等地に、フラッグシップストアを開店しました。

ニコライ・バーグマンの作風や特徴

 ブランドの代名詞でもあるすっきりと箱に収まるフラワーボックスは、顧客からの注文から偶然生まれたものだといいます。このスタイルは、すでにフラワーギフトの定番として、またニコライ バーグマンのシグネチャーアイテムとしても人気を博しています。その特徴は、やはり配色にあります。例えば、同じトーンのカラーグラデーションをモダンでシックな印象に魅せるようなワントーン落ち着ついた色使いをしています。
 また、カラーグラデーションだけでなく、フォルムも大切にしています。360°どこから見ても造形美に溢れ、フラワーデザインをよりスタイリッシュに印象づけるのが彼のスタイルです。さらに、ニコライスタイルの真骨頂とも言えるのが、一度見ただけでなく何度も眺めたくなるほど繊細かつ大胆なコントラストを生かしたデザインです。基調となる花の他にも、小さな蕾や実、葉がアクセントとして配置されていて、散りばめられたアイデアについ惹き込まれてしまうのです。
 現在では、フラワーアレンジの枠にとどまらず、ライフスタイル提案やファッションにも独自のセンスを発揮しているバーグマン。その根底にあるのが、花や植物のある空間を楽しむライフスタイルを大切にしているからです。フラワーデザインそのものと、花を楽しむライフスタイルの両方を楽しむということ。バーグマンの美意識は、花からプロダクトデザインにまで広がり、私たちの暮らしを一つ上へ、自然な形で連れていってくれるものなのです。そのコンセプトは意識の高い人たちに支持され、国内外に12店舗のフラワーブティックと3つのカフェをオープン、2017年には植物の魅力をジュエリーに昇華させたジュエリーブランド「NATUR & NICOLAI BERGMANN」を展開するに至っています。

ニコライバーグマン商品ラインナップ

商品ラインナップへfilter_none



ニコライ バーグマン

絞り込む 商品を絞り込む

ニコライ バーグマン

価格帯から探す

商品数121[ 1 ~ 20 件を表示 ]

  • 表示順
  • 表示件数