ATSUKO MATANOについて

作家、画家、デザイナーとして幅広いファンに支持され続けている総合クリエーター、俣野温子さんの生活雑貨ブランド『ATSUKOMATANO』。 彼女が描く主人公たちには、ひとことで「やさしい」とか「わがまま」で片付けられない「微妙な気持ち」がいっぱい詰まっています。 実生活に本当に役立つものをという思いを込めてデザインされた 『ATSUKO MATANO』グッズは手にすれば必ず小さな幸せがついてくるのが、素敵なところです。

生活を彩るグッズデザイナーであり、「私の赤ちゃん日記」(主婦の友社)、「やさしいこころにはひびがはいっている」(ほるぷ出版)「かなしいときはかなしいままがいい」(ほるぷ出版/98年より角川春樹事務所にて文庫化)「さびしくてたまらないときのために」(大和書房)など実用書、絵本の著作物も多数。 小物雑貨メーカー“ら・むりーず”子供のインナーや生活ブランド“ATSUKO MATANO”も全国に展開中で、幅広いファンに支持され続けている。 「デザイナーの仕事は、使ってくださる方が輝くためにあるんだって思います。そのために色を選び、絵を描き、形を決めるのです。」 本からあふれるちょっとした嬉しさや心地よさは、ハンカチーフひとつひとつにも同じようにつながっています。

アツコ マタノ

絞り込む 商品を絞り込む

アツコ マタノ

価格帯から探す

商品数357[ 1 ~ 20 件を表示 ]

  • 表示順
  • 表示件数