スクレbyラデュレ Les secrets by Ladurée paris

スクレbyラデュレについて・・・メゾン・ラデュレの歴史 

メゾン・ラデュレの歴史

パリのサロン・ド・テの歴史は、ラデュレの歴史と密接に関係しています。 全ての始まりは1862年、フランス南西部出身の製粉業者、ルイ=エルネスト・ラデュレがパリのロワイヤル通り16番地にブランジュリーをオープンしたときのことです。 当時、マドレーヌ寺院周辺地区は新しいビジネス街として急成長しており、フランスで指折りの高級品製造職人たちの拠点となっていました。 しかし、1871年パリ・コミューンのさなかに起きた火災によって再出発を余儀なくされ、ブランジュリーはパティスリーヘと生まれ変わることになります。 このパティスリーの内装は、ローマのシスティーナ礼拝堂やパリのオペラ座と同じレリーフの技法で華やかに飾られ、後にメゾンのロゴやシンボルマークなどのデザインに影響を与える「パティシエ天使」も天井に描かれました。 さらに20世紀初めには、ルイ=エルネスト・ラデュレの妻ジャンヌ・スーシャールの、パリのカフェとパティスリーをミックスさせるというアイデアによって、パリに初めてのサロン・ド・テが誕生しました。 当時パリに発達していたカフェは、男性中心の文化と社交の場でした。 サロン・ド・テは、女性たちが自由に出入りでき、華やかなパティスリーに囲まれ、時を忘れておしゃべりを楽しみ、心を休めることのできる、まさに夢の宮殿だったのです。




メゾン・ラデュレの歴史。




ラデュレのシンボルとなる「パティシエ天使」

1930年、ルイ=エルネスト・ラデュレの従弟のピエール・デフォンテーヌによって、2階のサロンがオープンしました。 この由緒ある洗練された雰囲気の店は、ダヴィッド・オルデーとその父でオルデーグループの創設者であるフランシス・オルデーを魅了しました。 彼らは世界で最も美しい大通りに建つ格調高く、洗練された店を思い描いたのです。 1993年にこの有名なメゾンを買収し、事業を拡大することにしました。 1997年9月、シャンゼリゼ大通りの75番地にラデュレ・シャンゼリゼ店がオープン。 ナポレオン3世様式の、最も豪華絢爛な特徴を備えた古い大理石や浮彫装飾、2階の高価な調度品で飾られたひと続きの小さなサロンなど、ここは「フランス流アール・ド・ヴィーヴル(美しき生活」を象徴するパリ随一の場所といえます。 ラデュレ・シャンゼリゼ店は、まさに美食と新しいパティスリーに捧げられた場で、どの創作にも心血が注がれています。 このため、メゾンではファッションデザイナーと同様に毎年2回、バラやピスタチオのルリジューズ、バラとフランボワーズのサントノレなどのパティスリーの他、季節のマカロン(カシス・ヴィオレット、シトロンヴェール・バジリック、レグリス)など、色とりどりの新作を発表しています。 ラデュレはパリのみならず、ロンドンやモナコ、ジュネーブ、東京、ニューヨークにもオープンを続けています。 オルデーグループはこうして、この創業から百年以上続くメゾンが世界有数の主だった主要都市で知られ、発展するようになることを望んでいます。

スクレbyラデュレについて

フランス語で“秘密”を意味する「スクレ(secret)」を冠した「スクレbyラデュレ」は、ラデュレのパティスリーに見事に調和した新しいギフトラインです。 パティスリーと同じエスプリと考え方に基づくこの新しいギフトラインは、今日世界中で増えつつあるラデュレを愛する人たちのために作られています。 アメリカ、日本、ロシア、イタリア、オーストラリアなど、各国からパリにやって来る人々は時を超越したラデュレの世界を旅し、その思い出として旅先の何かひとつを持ち帰りたい、贈られたいと望んでいます。 「スクレbyラデュレ」はこの旅をいつまでも続けるためにあります。ラデュレの小さな種が世界中のさまざまな地に蒔かれ、それぞれの場所で楽しい思い出を語り、またパリらしいものを望む気持ちを掻き立てるのです。 このラインは、シーズンを通してメゾンの中だけではなく、愛好家たちが望むものを考案し展開されてゆくのです。 また「スクレbyラデュレ」は、ラデュレの新しいコンセプトに基づいて販売されます。 これらを扱う新しいブティックの極めてリュクスな、そしてフェミニンで洗練された包装やパッケージは、それぞれの商品をひとつのシーンとして美しく演出し、“ラデュレのエスプリ、パリのエスプリ”を表現しているのです。




スクレ・ラデユレについて




スクレbyラデュレのテキスタイルコレクション

スクレbyラデュレのテキスタイルコレクション"

スクレbyラデュレのテキスタイルコレクションは、歴史あるラデュレと、ハンカチーフメーカーであるインターモード川辺とコラボレーションしたコレクション。 エレガントでパティスリーのように表情豊かなハンカチーフコレクション、お出かけをいっそう楽しませてくれそうなバッグ、いつだってそばに置いておきたいポーチ、思いを込めて贈りたいギフトボックス入りのハンカチーフセット… ラデュレメゾンの世界観を存分に感じとっていただける「スクレbyラデュレ 」のテキスタイルアイテムたち。 ぜひ、その魅力に触れてみてください。

マリーアントワネットとハンカチーフの歴史の関係

ハンカチーフは、正方形。 そんなことは当たり前? 実はこの形は、18世紀のフランスで、王妃マリー・アントワネットが選んだものなのです。 彼女と言えば18世紀様式を強く意識するラデュレにとって、アイコンのような存在。 ハンカチーフの歴史とマリー・アントワネットは、実は深くつながっているのです。 <ハンカチーフの歴史> ハンカチーフが誕生したのは遥か昔。手をふいたり、汗をぬぐうための布をハンカチーフと考えると、なんと5000年も前から存在していたといわれています。 ハンカチーフは高貴さの象徴として、身分の高い人だけが持つことを許されていました。 やがて中世になり、ハンカチーフは素材や質も多様化してきました。 男性の持ち物とされてきたハンカチーフですが、女性も持つようになります。 16世紀には技術の発展により、レースや刺繍が施されたハンカチーフが作られるようになりました。そうして華やかなハンカチーフの歴史の幕がひらいたのです。 そして17世紀にはハンカチーフが愛の贈り物や小道具として本格的に用いられるようになります。 恋人たちが大切な約束をするためにハンカチーフを取り交わしたり、恋人に自分のイニシャル入りのハンカチーフを送るなど、愛のあかしとしてロマンティックな役割ももっていました。 <ハンカチーフの形はマリー・アントワネットによって決まった> 18世紀になり、薄くて繊細なレースはフランスの宮廷文化とともに大きく開花してゆきます。 新しい流行をつくりだすのは宮廷の女性たちでした。ファッション・リーダーでもあったマリー・アントワネット。 彼女は黒絹のレースを好んだと言われています。 マリー・アントワネットは、様々な形をしていたハンカチーフの中から、「ハンカチーフは正方形に」との政令を出しました。 もしも、当時彼女が丸型のハンカチーフを選んでいたのだとすれば、今わたしたちは当たり前のようにまるいハンカチーフを持ち歩いているかも知れません。




マリーアントワネットとハンカチーフの歴史の関係

スクレbyラデュレトップページへ

トップページへ戻るfilter_none



絞り込む 商品を絞り込む

スクレbyラデュレ Les secrets by Ladurée paris について

価格帯から探す

商品数79[ 1 ~ 20 件を表示 ]

  • 表示順
  • 表示件数